加工四課:線材・型材・パイプの曲げと溶接

加工四課

仕事の概要

鉄・ステンレス線を中心とした様々な曲げ加工や、パイプとネットなどの組立て溶接を主に行っており、網カゴ類のオーダー品から店舗向け什器などの量産品まで、多種多様な商品の製作をしています。材料切断から曲げ加工、各種溶接までの工程を課内で一貫して行うことで目の行き届いた品質製作が可能です。

品質チェック

各作業者は品質最優先で商品作りに取り組み 社内加工チェック票に基づいた検査体制で品質検査を行なっています。

線材加工・金網加工

直線機

常時在庫のФ2.6、Ф2.9、φ3.2、Ф4、Ф5、Ф6mmのコイル状に巻かれた線材を直線に加工し、0.5mm単位の長さで切断します。

手曲げ加工

各種線材を熟練作業者が様々な形状に曲げ加工します。

NC線材ベンダー

プログラムによりФ6mmまでの線材を様々な二次元形状に加工することが可能で、量産品に適しています。

スポット溶接機

お客様の要望に応じたサイズの各種メッシュネットの交点をスポット溶接します。

MIG・TIG溶接

メッシュネットとフレームの溶接など、使用用途に合わせて作業者が溶接を行います。

角パイプ(フレーム)の加工工程

メタルソー

各種パイプを0.5mm単位の任意な長さで、切り口を90°~45°の角度で切断加工できます。

カットプレス

メタルソー同様に、各種パイプの切断加工を行います。

パイプベンダー

各種角・丸パイプの角度曲げ加工のプログラムを製作してスイッチ1つで行ないます。

MIG・TIG溶接

什器類やフレームなど、使用用途に合わせて作業者が溶接を行います。

アルミ形材

通常アルミ形材は支給品を加工しますが、数量次第では製作からご相談頂くことも可能です。

アルミ溶接

アルミ溶接有資格者が商品づくりを行います。

製品に関してのご質問・御見積やパンフレットご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

Email

▲ このページのトップへ